日本とアメリカを
つなぐものは?

女性蔑視の指導者と、
父権的な政治文化



日本

「家でも政治でもジェンダー平等!」

 2017年の11月、熊本市議会の女性議員の緒方夕佳さんは、生後7ヵ月の赤ちゃんを議席につれてきました。すぐに議長の澤田昌作が立ちはだかり赤ちゃんは強制的に議会から出されました。

 日本では、利用できる保育所が足りないため、多くの女性が政治で、職場で、母親になったときに困難に直面します。

 安倍政権下で女性の権利はますます脅威にさらされています。

 圧政をしく自民党が日本国憲法の改憲を発案しており、そこにはジェンダーの平等を保証する24条の改訂も含まれているのです。改定案には「家族は社会の基礎的な単位である」や「家族は互いに助け合わなければならない」と主張する文言が入っています。これは女性の価値を家族の枠組みの中だけに限定し、LGBTQのコミュニティの自由と社会からの承認を奪おうとするものだと多くの人が考えています。

関連記事:

熊本市議:議場に赤ちゃん「子育て女性も活躍できる場に」 - 毎日新聞

乳児連れ議場に 日本の市議会議員の行動が議論呼ぶ - BBCニュース

24条変えさせないキャンペーン 

アメリカ

 ”A Women’s Place in the House and the Senate.”「女の場所はhouse(家庭、下院の意味も)、そして上院だ」という言葉は、テネシー州の国会議員アンナ・ベル・クレメント・オブライエンの1976年の選挙活動でのスローガンでした。この言葉遊びで文頭におかれている「女の場所は家庭だ」という表現は、元はギリシャの悲劇詩人のアイスキュロスのものです

 アイスキュロスは紀元前467年に『テーバイを攻める7人の将軍』の中で「女を家庭にいさせよ。そして彼女らの居場所を守らせよ」と書きました。

 女性の権利とLGBQTIの権利はトランプ政権下で周到に侵害されつつあります。

 もうすぐアメリカで最高裁判所の新しい裁判官が任命されるのにともなって、女性のリプロダクティブ・ライツ(性や生殖に関する権利)は重大な局面に立たされています。 この役職の新しい候補者はロー対ウェイド事件をくつがえす票を投じるだろうと予想されています。

それによって中絶の権利が制限され中絶がしにくくなるうえに、女性の健康と性や生殖に関する権利に対する世論の見方にも影響します。すでにアメリカ政府は、雇い主が健康保険プランに避妊をふくめなければいけないという要件を削減しました。

 またトランプ政権はLGBTQIコミュニティを保護する反差別法の廃止に着手していて、トランスジェンダーの人が軍に入隊するのを禁止しました。

関連記事:

リプロダクティブ・ライツ(性や生殖に関する権利)とは:リプロダクティブ・ヘルス/ライツって?|荒尾市

「ロー対ウェイド事件」の関連記事:人工妊娠中絶の合法化に道を開いた「ロー対ウェイド事件」の原告、ノーマ・マコービーさん死去 | ハフポスト

Photos: エラナ・マーン個展の様子(ロサンゼルス):the exhibition Elana Mann: Instruments of Accountability at Pitzer College Art Galleries (September 29 – December 8, 2018).

Photos: PARITÉ50/50(パリテ)主催の大阪なんばでの街宣に、私たちのプラカードを使用していただきました。ありがとうございます!

PARITÉ50/50(パリテ)キャンペーンとは:
議会をパリテ(男女半々)にして、女性や、ケアに関わる人、LGBTQsがもっと自由に生きられる、多様性のある政治を目指すキャンペーンです。
こちらに、街宣でのスピーチの文字起こしが掲載されています。